一般社団法人 アイ・オー・イー

IOE(アイ・オー・イー)は、 九州、熊本を中心に子どもたちへのキャンプや、ツーリズムなどの企画提案を通じて、環境地域づくり、野外教育、環境教育を行う民間の事業所です。



TEL.096-387-6922

〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南2丁目5-31
FAX .096-387-7139

③エマージェンシーケア・ファーストエイド(ECFA)コース

MFA

③エマージェンシーケア・ファーストエイド(ECFA)コース

コース概要

CPR(心肺蘇生法)やAED(自動体外式除細動器)について学習するコースは多くありますが、このコースでは『ファーストエイド』(救急法)にスポットを当てて学習するコースです。

ケアプラスCPR&AEDコースを習得している方にとっては本コースでアレルギー反応・ぜんそく・心臓発作・脳卒中など病気やケガを学習することにより、総合的な応急手当の知識の習得をすることになります。本コースはベーシックプラスコースのガイドを使用します。修了認定者には、修了認定証書が発行されます。単独でも受講できます。ケアプラスCPR&AEDコースよりのアップグレードも可能です。

※注意事項※
ECFAコースは総合コースとなるベーシックプラスコースと比べてファーストエイドについて“詳しく”学習するコースではありません。ファーストエイドに“スポットを当てて”学習するコースです。
ファーストエイドについての学習項目・内容・時間など全てベーシックプラスコースと同じです。よって本コースはベーシックプラスコースの受講生ガイド及びDVDを使用します。お間違えの無いようにご注意ください。

 

■ 講習内容:

○成人(8歳以上)に対する日常的に起きる病気やケガなどに対する応急手当(ファーストエイド)
※本コースははベーシックプラスコースの受講生ガイド及びDVDを使用いたします。

○標準学習時間:3~4時間(半日)

○目安:13時30分~17時30分

★ファーストエイドについて学習
★ポイントを分かりやすく解説し、写真でイメージしやすいガイドを完備
★実際の救助現場をリアルに再現して、スキルを紹介するDVD教材を完備
★手順や手技のみでなく具体的なイメージを描くようにロールプレイ方式のシナリオ練習もあり
★救助者本人はもちろん、傷病者や目撃者を含む周囲の関係者に対する心理面までカバー
★インストラクター1名に対し、受講生12名までの少人数制(最大24名/回)
★講習は半日。修了者には、国際的な修了証書を即時発行 当日お持ち帰り出来ます。
★修了認定にあたって検定試験や筆記試験 等はありません。リラックスした環境で学習に専念できます。


 

エマージェンシーケア・ファーストエイド(ECFA)コース学習項目詳細【成人】

エマージェンシーケア・ファーストエイド(ECFA)コースは病気やケガなど日常的な応急手当に的を絞ったコースです。

ベーシックプラスコースを基本とする成人ファーストエイドエマージェンシーケア・ファーストエイド(ECFA)コース

以下■は必修項目を示しています。△はオプション項目を示しています

学習項目名

【応急手当てプロバイダー】

      ■応急手当
      ■緊急事態に気づく
      ■かかわる人の安全
      ■助けようと決める

【自分を守る】

  ■血液感染の病気
  ■スタンダードプリコーション(標準的な予防策)
  ■自分を守る予防具
  ■《実習》汚染した手袋を外す

【法的な側面】

  ■同意
  ■同意の示唆
  ■遺棄しない
  ■善き隣人法(Good Samaritan Laws・善きサマリア人の法)

【救援を呼ぶ】

    ■救急医療サービス(EMS・救急隊)
    ■救急行動計画
    ■中毒110番

【緊急移動】 

【初期の評価-意識あり】 

      ■初期の評価‐意識あり
      ■《実習》初期の評価‐意識あり
      △二次評価  
      △《実習》二次評価

【出血のコントロール】

  ■止血帯(ターニケット)
  ■止血剤ドレッシング
  ■《実習》出血のコントロール
  △《実習》実践的なシナリオ実習 出血のコントロール
  △《実習》市販の止血帯(ターニケット)を使う
  △《実習》間に合わせの止血帯を使う
  △《実習》止血剤ドレッシングを使う

【ショック】  

  ■内出血
  △切断
  △目に刺さった物体
  △開放性の胸のケガ
  △開放性の腹部のケガ

【頭、首、または背中のケガ】
  ■脊椎のケガ
  ■脳のケガ
  ■脳しんとう 
  △《実習》手で行う背骨の動作制限(固定)

【四肢の腫れ、痛み、変形】
  △《実習》手で行う四肢の動作制限(固定)
  △《実習》副木
  △《実習》成形性のある副木を使う

【ヤケド】
  ■熱によるヤケド
  ■電気によるヤケド
  ■化学物質によるヤケド
  ■目に入った化学物質 
  △《実習》ヤケド用のドレッシングを使う

【軽いケガ】
  ■鼻血
  ■歯のケガ

【突然の病気】

【意識レベルの変化(意識障害)】

  ■失神
  ■脳卒中
  ■低血糖
  ■けいれん発作

【意識レベルの変化(意識障害)】

  ■喘息(ぜんそく)と吸入器
  ■激しいアレルギー反応
  △《実習》エピペン®自己注射器を使う
  △《実習》エピネフリン自己注射器を使う

【胸の痛み、激しい圧迫感や不快感】

【中毒】

  ■飲み込みによる中毒
  ■吸い込みによる中毒 
  △激しい腹痛

【暑熱障害(熱中症)】

  ■熱疲労(軽度の熱中症)
  ■熱射病(重度の熱中症)

【寒冷障害】

  ■低体温症(ハイポサーミア)
  ■凍傷

【個々の問題の応急手当て】

  △刺す虫(虫刺され)
  △ヘビの咬傷(マムシ、サンゴヘビ)
  △クモの咬傷
  △ダニの咬み傷
  △海の動物による刺し傷(クラゲ、エイ)
  △動物と人間による咬傷

【その他の考察事項】

  △精神面の考察事項(応急手当に伴う精神的なインパクト・ストレス)

« »