一般社団法人 アイ・オー・イー

IOE(アイ・オー・イー)は、 九州、熊本を中心に子どもたちへのキャンプや、ツーリズムなどの企画提案を通じて、環境地域づくり、野外教育、環境教育を行う民間の事業所です。



TEL.096-387-6922

〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南2丁目5-31
FAX .096-387-7139

熊本

【2015夏事業報告】(熊本)ばくばくキャンプ ~はじめての海遊び~②

kuma_baku2

熊本ばくばくキャンプ②

[日時]2015年8月19日(水)~21日(金)

[活動地]天草青年の家

雨も少し降りましたが、予定のプログラムのほとんどが無事に実施できました。

天草青年の家に集合した総勢40名。今回の参加者はとても落ち着いていて、メリハリがありました。遊ぶときはおもいっきり遊び、きちんとする時はきちんとできる。施設の方にもほめられました。館内ウォークラリーでは、施設を探険しました。ウォークラリーの後の館内ビンゴでは大興奮!「ビンゴ!」「うちはダブルリーチ!」「うわっ!ダブルビンゴ!2つまとめてビンゴになったよ。」まだ参加者同士は出会ってから4時間ぐらいしかたってないとは思えない結束力です。

 

2日目は西目海岸の海水浴です。雨を心配していたのですが、いい天気。いや、どちらかというと照り付けるような日差しです。参加者の元気に答えてくれたような青空です。海は前日までの雨の影響かものすごく冷たかったです。ただ参加者のみんなはそんなことは関係ない模様。浜辺から全速力で海にダイブ!「つめたい!」って言いながら大笑い。「けど、慣れるとなんでもないよ」元気いっぱいに泳ぎだしました。リーダーめがけての水かけ合戦です。組織戦でお互いに水を掛け合っています。「つぎどのリーダーに水かける??」「そのリーダーつかまえてて!!」「リーダーじゃなくて僕にかかってるよ!」もう全身びしょ濡れ。かけたほうももちろんびしょ濡れです。しょっぱいけど、すごく楽しい時間だったようです。

 

ピザづくりの活動では、自分たちで生地からつくりました。参加者同士が順番を決めながら、こねる子、材料を切る子、生地を伸ばす子、材料をのせる子。それぞれが分担です。協力して作ったピザは本当においしかったようで、規定量より10人分ぐらい多くつくったのですが、ぺろりと完食!「まだ食べれるよ!!!あと3枚はいける!!」恐るべし食欲。さすが活動一生けん命がんばってた証拠ですね。閉会式では元気いっぱいに「また会おうね!」とお互いに言い合って別れる場面も見られました。

 

たくさんの友だちができた活動になりました。

【2015夏事業報告】(熊本)ばくばくキャンプ ~はじめての海遊び~①

kuma_baku_umi

熊本ばくばくキャンプ ~はじめての海あそび~ ①

[日時]7月22日(水)~24日(金)2泊3日

[活動地]天草青年の家

天候の心配もなんのその。当日のプログラムの時間はいつも晴れ。晴天に恵まれました。海で泳ぐのは初めての参加者もいました。当日は、前日までの影響か、水温は冷たかったのですが参加者のみんなはへっちゃら。おそるおそる入ってくるリーダーに水しぶきの洗礼です。悲鳴をあげながらリーダーも参加者と水の掛け合いです。冷たかったはずの海ですが、参加者の元気に圧倒されあっという間に水浸し。体も慣れてきました。

「海ってこんなにしょっぱいの?」「からい、ほんとからい」「リーダー、泳ぐから見てて!」「この貝殻きれい!」

いろんな方向から参加者の声がリーダーに向けて飛んできます。たくさんの発見の活動になったようでした。

 

ピザづくりでは、生地から自分たちでこねます。なかなかの重労働ですが、参加者の協力が目を見張ります。「僕が10回こねたら、次は○○くんね」「こねるボールを押さえておくね」材料も自分たちで切りました。参加者それぞれがつくったピザの味は絶品でした。

 

子どもたちの元気と想像力があふれたプログラムになりました。

 

【2014冬事業報告】ほくほくキャンプ

「心も体も、ほくほくに♪」

平成26年1月11日(土)~13日(月) 2泊3日
国立阿蘇青少年交流の家

hokuhokuC

 新年の恒例イベント、ほくほくキャンプが始まるよ!今年は大分からの参加者も加わり、いつにもましてにぎやかなキャンプになりました。

一日目は施設の館内探険や星空観察を行い、二日目は阿蘇の草原探険と温水プールでの活動です。草原探険では「フィールドビンゴ」を行い、真っ赤なツバキの花や霜柱などの冬の自然の宝物をたくさん見つけることができました。温水プールではウォータースライダーで滑ったり、流れるプールで元気いっぱい泳いだりと、みんなでおおはしゃぎ!精一杯遊んだ後の夕食ではエネルギーの充電とばかりに、モリモリと食べる姿も。
最終日はミニ羽子板を作り、外で羽子板あそびをしました。寒い冬でも元気いっぱい遊んで、心も体もほくほくになった活動でした! (山内)

【2014冬事業報告】りんりんキャンプ

「みんな大好きクリスマス☆」


平成25年12月21日(土)~12月23日(月) 2泊3日
熊本県立豊野少年自然の家

りんりんキャンプ

 クリスマスが間近にせまり、気持ちがソワソワする季節。一足先にりんりんキャンプでクリスマスを楽しもう!元気いっぱいの子どもたちが自然の家に集合しました。 まずは寒さもなんのその、外で元気に仲間づくりゲーム!初日の夜の活動は「とび出すクリスマスカード」作り。お家の人にむけて、いつもは言えない感謝の言葉を書きました。

 二日目はお楽しみのクリスマスケーキ作りをしました。ロールケーキに生クリームとお菓子のトッピングをつけて、ブッシュドノエルのできあがり。男の子も女の子もみんな真剣な表情で、そして楽しみながらケーキ作りに取り組みました。お味の方は?「とってもおいしい~!」と大好評でした。

 最後の日は、食べておいしい、飾ってかわいい「お菓子のクリスマスリース」を作りました。食べて、遊んで、仲良くなって、一足早いクリスマスを楽しんだ三日間となりました! (山内)

【夏-事業報告】ムシムシキャンプ①②③

「南阿蘇へ虫捕りにしゅっぱーーつ!」

①平成25年7月20日(土)~21日(日)
②平成25年7月25日(木)~26日(金)
③平成25年8月6日(火)~7日(水)
1泊2日  休暇村南阿蘇キャンプ場

mushimushi-C

 川を越え、谷を越え、電車でトコトコ、やって来ました南阿蘇!虫カゴと寝袋片手に、たくさんのちびっこが集結しました。キャンプ場に到着してから、自分たちが泊まるテントを確認!寝袋を敷いて、準備を整え、それでは行きましょうムシムシハイキング♪コガネムシやアリジゴク、トンボやマイマイカブリ、カミキリムシなどなど。隠れたムシを見つけたときの喜びはもう最高!

日が暮れる頃、温泉に入り一休み。夜、ふたたびムシムシ探険へ出発です♪セミの羽化の様子や中にはクワガタやカブトムシを見つけた子もいました。今日はいっぱい動いたのでテントでぐっすりです。

翌日はお片付けをして、あっという間に「さようなら」、「でもまた会えるよね」。1泊2日の小さな夏の思い出ができました。 (宮﨑)

【夏-事業報告】どっとどっとキャンプ

「川あそび、サイコー!!」

平成25年8月23日(金)~25日(日) 2泊3日 県立菊池少年自然の家

dotdot-C

 

dotdot-C2 熊本市内からバスに揺られること約90分。緑に囲まれた菊池少年自然の家で、待ちに待った「どっとどっとキャンプ」がいよいよ始まりました。

1日目はアスレチックや虫さがしなどを行い楽しく過ごし、2日目はお楽しみの川遊びです。あいにく朝から小雨が降っていましたが、いざ出発という時になると雨が上がり、お日様も顔をのぞかせてくれました。

川では水遊びをしたり、生きもの探しをしたり、リーダーと水のかけあいをしたりと、とても楽しく過ごしました。昼食後は体育館でのスイカ割り。目隠しをした友だちに「まっすぐー」「そこ!そこ!」「もっと右~」など、あらんかぎりの声でアドバイス。

もちろん、最後はみんなでおいしくスイカを食べました。自然の中で元気いっぱい外あそびを満喫した3日間となりました。 (山内)

【夏-事業報告】ばくばくキャンプ①②

「ばくばく食べて、ばくばく遊ぼう」

①平成25年8月12日(月)~14日(水)
②平成25年8月18日(日)~20日(火)
2泊3日  国立阿蘇青少年交流の家

bakubaku-C2

ばくばく食べて、ばくばく遊ぼう!」をモットーに実施している夏の定番プログラム「ばくばくキャンプ」ですが、好評につき今年も2回開催しました。その人気の秘密をここで大公開!

秘密その①:流れるプールでのスイミングとスリル満点のウォータースライダー。一度やったら、やみつきです。
秘密その②:大草原でのネイチャーゲーム。夏の阿蘇の大自然を体いっぱい感じよう!
秘密その③:仲間との出会い。学校も学年も違うのに、どうしてこんなに仲良くなれるの?と不思議になるくらい、初めて会う人とも仲良くなれる。それがキャンプの魅力です。

「さよなら」じゃないよ、「またキャンプで会おうね」、それがお別れのあいさつです! (山内)

【夏-事業報告】南阿蘇 森のベーカリー①

「パン名人をめざそう!」

平成25年7月6日(土)~7日(日) 1泊2日 遊水の郷キャンプ場

morino-bakery

自然豊かな南阿蘇に、森のベーカリーが期間限定でオープンしたよ!第1回目の活動に参加したのは、森のパン名人をめざす14名の子どもたち。エプロンに着替えたら、さっそくパンづくりの始まりです。

小麦粉をこねるのに少し苦戦していましたが、形を作る場面では本領発揮!パンづくりの先生がびっくりするほど想像力豊かな作品が次々に生まれます。ほとんどの子がパンを作るのは初めて。だけど作ったパンを見て「初めてとは思えないくらい上手にできていましたよ」と先生がほめるほどの出来栄えでした。そうそう、お味の方は?みんなのおいしそうな笑顔がその答えです!  (山内)