一般社団法人 アイ・オー・イー

IOE(アイ・オー・イー)は、 九州、熊本を中心に子どもたちへのキャンプや、ツーリズムなどの企画提案を通じて、環境地域づくり、野外教育、環境教育を行う民間の事業所です。



TEL.096-387-6922

〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南2丁目5-31
FAX .096-387-7139

メディック・ファーストエイド®が選ばれる理由

MFA

メディック・ファーストエイド®が選ばれる理由

メディック・ファーストエイド®が選ばれる理由それは【実際に手を差し伸べられる救助者】の養成です。

『実際に手を差し伸べられる救助者』の養成

3persent これは日本での救命率です。もし、心臓が止まってしまったら例え救急車を呼んで、素早く病院に運んだとしても、助かる確率はたったの3%しかないのです。救命率が低い理由の一つは、心臓が止まってしまって救急車で運ばれた方のうち、救急隊到着までにCPR(心肺蘇生法)を受けられた人はわずか5%。残り95%の方はCPRが必要なのにもかかわらず、CPRを受けられなかったからです。呼吸と心臓が止まってしまったら、すぐにCPRを施さないと蘇生率は著しく低下します。1分後には97%あった蘇生率が、4分後には50%、6分後にはわずか10%まで低下します。

 

6min これは日本で119番通報をしてから救急車が到着するまでの平均時間です。どんなに医療技術が発達してもこの時間を0には出来ません。これを救命救急の現場では『魔の6分間』と呼んでいます。 緊急事態発生!!救急車が到着するまでの『魔の6分間』を埋めるのは誰でしょう?言うまでもなく、その現場に居合わせたあなた=バイスタンダー(一般市民)です。それは、職場や自宅で起きるかもしれません。いつも通い慣れている散歩道や通学路で起きるかもしれません。子どもと川で遊んでいて、交通事故を目の前にして・・・。いつ何処で、誰に起きるかわからない緊急事態。もし、それがあなたの大切な人だったら?もし、あなたが企画したイベントやツアーで起きたら? あなたは救援を求めるだけでいいのでしょうか?

救命救急手当てのトレーニングを受けてください。わずかな時間のトレーニングで、あなたは目の前で起きた緊急事態を救う大きな力になれるのです。

メディック・ファーストエイド®は交通事故や転倒、落下、打撲、出血、溺れ、窒息、疾病など、あらゆる事態に手を差し伸べられるプログラムです。 とはいっても、MFAはあなたを医師や救急隊員にしようとするものではありません。あくまでも一般市民のための救命救急手当てを学びます。『魔の6分間』その『たったの6分間』にあなたができることを体得してください。 トレーニングはリラックスした環境で行われ、筆記や実技試験もありません。MFAは厳格な技術ではなく『実際に手を差し伸べられる救助者』の養成を主にしたプログラムだからです。いくら技術を厳しくトレーニングしても、実際の現場で手を差し伸べられなければ、まったく意味がありません。

アンケートの結果を見ると、実際に何かの事故や救急時に遭遇したMFA受講生の中で、実際に何らかの手を差し伸べた人は約98.6%です。これほどまでに、高い実行率を誇る理由は、MFAが受講者の立場にたって作られたプログラムだからです。他の機関で応急手当ての訓練を受講された方で「技術に不安があって、実際には自分ではできない」と感じている方も、ぜひ受講してみてください。受講後は、自分でもびっくりするほど手を差し伸べることへの不安が無くなります。その確かさは、国連関連組織・世界安全機構が保証しています。
※MFAについてのより詳しい内容は、MFAジャパンHP http://mfa-japan.com/をご参照下さい。

※MEDIC First Aid®(略称MFA)の名称と関連ロゴマークは、MEDIC FIRST AID International,Inc.の登録商標です。

« »