一般社団法人 アイ・オー・イー

IOE(アイ・オー・イー)は、 九州、熊本を中心に子どもたちへのキャンプや、ツーリズムなどの企画提案を通じて、環境地域づくり、野外教育、環境教育を行う民間の事業所です。



TEL.096-387-6922

〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南2丁目5-31
FAX .096-387-7139

事業報告

【2015夏事業報告】(熊本)ばくばくキャンプ ~はじめての海遊び~②

kuma_baku2

熊本ばくばくキャンプ②

[日時]2015年8月19日(水)~21日(金)

[活動地]天草青年の家

雨も少し降りましたが、予定のプログラムのほとんどが無事に実施できました。

天草青年の家に集合した総勢40名。今回の参加者はとても落ち着いていて、メリハリがありました。遊ぶときはおもいっきり遊び、きちんとする時はきちんとできる。施設の方にもほめられました。館内ウォークラリーでは、施設を探険しました。ウォークラリーの後の館内ビンゴでは大興奮!「ビンゴ!」「うちはダブルリーチ!」「うわっ!ダブルビンゴ!2つまとめてビンゴになったよ。」まだ参加者同士は出会ってから4時間ぐらいしかたってないとは思えない結束力です。

 

2日目は西目海岸の海水浴です。雨を心配していたのですが、いい天気。いや、どちらかというと照り付けるような日差しです。参加者の元気に答えてくれたような青空です。海は前日までの雨の影響かものすごく冷たかったです。ただ参加者のみんなはそんなことは関係ない模様。浜辺から全速力で海にダイブ!「つめたい!」って言いながら大笑い。「けど、慣れるとなんでもないよ」元気いっぱいに泳ぎだしました。リーダーめがけての水かけ合戦です。組織戦でお互いに水を掛け合っています。「つぎどのリーダーに水かける??」「そのリーダーつかまえてて!!」「リーダーじゃなくて僕にかかってるよ!」もう全身びしょ濡れ。かけたほうももちろんびしょ濡れです。しょっぱいけど、すごく楽しい時間だったようです。

 

ピザづくりの活動では、自分たちで生地からつくりました。参加者同士が順番を決めながら、こねる子、材料を切る子、生地を伸ばす子、材料をのせる子。それぞれが分担です。協力して作ったピザは本当においしかったようで、規定量より10人分ぐらい多くつくったのですが、ぺろりと完食!「まだ食べれるよ!!!あと3枚はいける!!」恐るべし食欲。さすが活動一生けん命がんばってた証拠ですね。閉会式では元気いっぱいに「また会おうね!」とお互いに言い合って別れる場面も見られました。

 

たくさんの友だちができた活動になりました。

【2015夏事業報告】(大分)ばくばくキャンプ ~はじめての海遊び~②

ooita_baku2

大分ばくばくキャンプ~はじめての海遊び~②

[日時]2105年8月23日(日)~25日(火)

[活動地]香々地青少年の家

ばくばくキャンプ、香々地での活動がはじまりました。

元気に集まった参加者のみんなと、負けず劣らず元気に集まったリーダーたち。楽しい活動の始まりを感じました。宿泊地に到着後、早速のオリエンテーションです。施設の利用について詳しく教えてもらいました。挨拶をすること、自分たちで布団やシーツを敷くこと、2段ベッドで寝ること、トイレのスリッパを並べることなど自分のことを自分ですることやみんなのために自分でできることの実践です。最初はなかなか難しかったことだけど、だんだんとできるようになっていく成長に感動します。

 

海遊びの活動では、ライフガードの職員の方たちから危険な生き物や海での楽しみ方を教えてもらいました。事前学習の後、磯観察の活動です。ちょうど干潮の時間だったので、タイドプール(岩場の穴の部分に海水が残ったもの)に生き物がたくさん残されていました。「ここに指をそっと入れてみて」「うわ!引き込まれる!」イソギンチャクに触った参加者の子どもたちが驚いていました。「ね!!!ウニ!!!!」「こっちには魚!僕が捕まえたんだよ!」「カニがいた!」いたるところにあるタイドプールでそれぞれハゼやウニ、イソギンチャクにカニ。初めて見る本物の生き物におっかなびっくり。カメノテを見つけた子が「怪獣みたいだよね。すごくおもしろい」たくさんの海の生き物について五感をつかい体験できたようでした。ライフジャケットを着て準備万端です。待ちに待った海水浴でも、参加者のみんな大興奮でした!女子リーダーが子どもたちにお神輿わっしょい!って言いながら連れ去られていきました。男子リーダーももちろん子どもたちの海水攻撃の餌食です!

 

笑顔いっぱいの活動になりました。

【2015夏事業報告】あまくさ海つりキャンプ①②

amakusa2

amakusa1

『あまくさ海つりキャンプ』

[活動地] 天草青年の家

[日時]2015年8月15日(土)~17日(月)2泊3日
2015年8月27日(木)~29日(土)2泊3日

元気いっぱいにあつまったキャンパー達。電車に乗って、船に乗って、バスに乗って活動地の天草青年の家に集合です。到着までの間にすっかり打ち解けていました。班のリーダーを中心に自己紹介です。キャンプ中のニックネームは自分たちで決めます。個性的な呼び名や、いつもよばれている呼び名などキャンプネームもさまざまです。それぞれが愛称で呼び合いながら仲間づくりがすすんでいきました。

 

野外調理にチャレンジです!飯ごうのふたでお米を計ります。飯ごうや鍋に”すす”が付かないように、コーティングするんですが「え??泥??泥でコーティングするの?」「これであとからすすがきれいに落ちやすいんだよ」なんていうやりとりもありました。出来上がったシチューもさまざま。「水が多かったかな?」「この人参太過ぎない?」だけど、「自分たちだけで作ったシチューは最高!」薪なんかも全部自分たちで拾って集めた『完全手作り飯ごう炊さん』でした。

 

いよいよ魚つりです。

船頭さんと一緒に乗船です。キャンパーのみんなも待ちに待った釣りですから勢いが違います。ポイントについたら、つりスタートです。いきなりの「ゴカイ」です。餌がゴカイなんですが、キャンパー騒然でした。「ええええ!!こんなのつけられないよ・・・」船頭さんが付け方を教えてくれます。というより、つけてくれました。あっという間につける姿は鮮やかで、みんな興味津々です。

糸を垂らして魚を待ちます。

キャンパーの一人がさっそく釣り上げました。そうこうしているうちに、キャンパーのみんなもたくましいです。自分でゴカイをつかみ、どんどん針につけていきます。こうなるとゴカイがどうとかというより、針にゴカイをつけにくいとかゴカイにかじられたなどという餌についての感想に代わっていきました。「もう3匹めだよ!」「今回はトラギズだったよ」「オレのが一番おっきい!」「たこ!たこが釣れたよ!」感想もさまざまです。夏の釣りはとても暑いし、動きがない時はほんと飽きそうですがキャンパーの集中力には驚かされました。みんな最後まで一生懸命になって釣りをしました。「え?もう終わり?」あっという間に時間が過ぎたようです。魚拓づくりも行いました。自分たちが釣った魚に墨を塗り、型をとっていきます。釣りの時の話や、魚の形についての感想などを和気あいあいと言い合いながらつくりました。みずみずしく勢いのある作品ができました。

 

今回の活動をとおして、魚の不思議や釣りの楽しさ、みんなで協力することなどたくさんの学びがあったようでした。

【2015夏事業報告】(大分)ばくばくキャンプ ~はじめての海遊び~①

ooita_baku1

大分ばくばくキャンプ~はじめての海遊び~①

[日時]2105年8月9日(日)~11日(火)

[活動地]香々地青少年の家

夏休みのど真ん中の日程で開催された「大分ばくばくキャンプ①」は、とにかく暑いスタートでした。しかし、出発式の元気の良さは、暑さも吹き飛ばすくらいで、子ども達は、このキャンプを心待ちにしていたようでした。

 

海遊びは、天気もよく、水しぶきをあげながら海へと駆け込んでいきました。泳いだり、海の中をのぞいてみたり、水を掛け合ったり。砂浜では、砂遊びや生き物探しをしていたりと子どもたちの遊びの発想はいろいろです。

 

恒例の「ばくばくまつり」では、班ごとの出し物をします。初めてであった子ども達同士で、みんなで決めた出し物の内容を短い練習時間で仕上げることはとても難しいことですが、子どもたちは、みんなで力を合わせ、それぞれに役割を担い、「ばくばくまつり」がはじまるギリギリまで練習に取り組んでいる姿には、とてもチカラを感じました。

 

お土産につくった「海辺の標本箱」は、子ども達にとってこの夏をふりかえる思い出の箱になったことでしょう。

【2015夏事業報告】(熊本)ばくばくキャンプ ~はじめての海遊び~①

kuma_baku_umi

熊本ばくばくキャンプ ~はじめての海あそび~ ①

[日時]7月22日(水)~24日(金)2泊3日

[活動地]天草青年の家

天候の心配もなんのその。当日のプログラムの時間はいつも晴れ。晴天に恵まれました。海で泳ぐのは初めての参加者もいました。当日は、前日までの影響か、水温は冷たかったのですが参加者のみんなはへっちゃら。おそるおそる入ってくるリーダーに水しぶきの洗礼です。悲鳴をあげながらリーダーも参加者と水の掛け合いです。冷たかったはずの海ですが、参加者の元気に圧倒されあっという間に水浸し。体も慣れてきました。

「海ってこんなにしょっぱいの?」「からい、ほんとからい」「リーダー、泳ぐから見てて!」「この貝殻きれい!」

いろんな方向から参加者の声がリーダーに向けて飛んできます。たくさんの発見の活動になったようでした。

 

ピザづくりでは、生地から自分たちでこねます。なかなかの重労働ですが、参加者の協力が目を見張ります。「僕が10回こねたら、次は○○くんね」「こねるボールを押さえておくね」材料も自分たちで切りました。参加者それぞれがつくったピザの味は絶品でした。

 

子どもたちの元気と想像力があふれたプログラムになりました。

 

【2015夏事業報告】ばくばくキャンプ ~はじめての川遊び~

baku_kawa

ばくばくキャンプ 川遊び

[日時] 2015年7月18日(土)~20日(月/祝)2泊3日

[場所]熊本県立菊池少年自然の家

 

元気に出発!菊池少年自然の家での活動です。

施設のオリエンテーションを聞き、さぁ、キャンプが始まります。家とは違う公共施設の利用のルールをしっかり聞きました。それぞれの班に分かれて、最初の昼食。おうちの方から持たせてもらったお弁当をみんなで食べました。お弁当にお手紙が入っている子もいました。おうちの方にとっても大冒険。そんな心配をよそに、仲間づくりのレクリエーションで、緊張感もほぐれゲームに集中して楽しんでいました。トモダチづくりの達人がいっぱい集まっていました。

2日目は待ちに待った川遊びでした。森を探険しながら、山道を抜けると待ちに待った川です。川に到着すると、勢いよく川に入ろうとする参加者の元気に「まだだよ!」ちゃんと体操してからじゃないと危ないからと伝えました。ようやく入った川はとてもつめたく、ちょっと痛いぐらいでした。それでも元気なみんなはあっというまに川の中に入っていきました。班のリーダーたちは、おっかなびっくりだったけど参加者のみんなから水しぶきの洗礼をうけ、気が付けばびっしょり。泳いだり、生き物を探したり、川の石を積んだり、それぞれの楽しみ方でおもいっきり川を楽しんでいました。「ここにメダカがいっぱいいるよ」「この石、キラキラしてる」発見したことを教えてくれました。ばくばくまつりでは、はじめて会ったとは思えない連帯感がありました。みんなで考えて、協力しながら出し物をしました。いろんなアイデアを一つにして、形にする作業はほんと大変そうでしたがなかなかの出来栄えでした。

3日目は標本箱づくりです。ネムノキの花や、まつぼっくり、プラタナスの葉などそれぞれの宝物を見つけ自分だけの標本箱ができました。元気いっぱいの夏の始まりを感じさせるプログラムになりました。

【2014春事業報告】きらきらキャンプ

きらきら、春の星空観察☆

平成26年4月3日(木)~5日(土)
大分県立九重青少年の家

きらきらキャンプ大分で一番空に近い九重目指して出発!どんな星が見れるのか、わくわくドキドキ。しかし、初日の天気はあいにくの雨。事前学習として施設の先生よりプラネタリウムで星や星座のお話を聞きました。

翌日の午前の活動はきらきらパフェづくり。コーンフレークやカステラ、バナナの上にホイップクリームとチョコレートソースでデコレーション!みんなでおいしく食べました!そしていよいよ星空観察。しかし、くもり空で星はひとつも見えません。大型望遠鏡の前で、雲が切れるのを祈るように待ち続けます。すると、みんなの願いが届いたのか、雲が晴れ、夜空に星が瞬き始めました。望遠鏡のレンズの先に見えたのは、白く輝く木星。「すごーい!」子どもたちから歓声が上がります。みんなの気持ちが空に届いた瞬間でした。(山内)

【2014春事業報告】でけでけキャンプ 山にんじゃ編

君は忍者になれたか!?

平成26年3月28日(金)~30日(日)2泊3日
国立阿蘇青少年交流の家

でけでけキャンプ 山にんじゃ編阿蘇の春の風物詩、でけでけキャンプがいよいよ開催!今年は定員を大きく超える43名の参加があり、例年以上ににぎやかなキャンプとなりました。天候は晴れ、まさにうってつけの修行日和です。さっそく草原に出て、風呂敷をかぶり、忍者修行のスタート!北風もなんのその、忍者ゲームや草スキーで体をいっぱい動かして修行に汗を流しました。

翌日はターザンロープや綱わたり、丸太わたりなど、本格的な修行に挑戦です。その後も、巻き物クレープ作りにチャレンジしたり、巻き物を作ったりと、修行に明け暮れた3日間となりました!(山内)

【2014春事業報告】にんにんキャンプ

雪の中での忍者修行

平成26年3月21日(金)~23日(日)
大分県立九重青少年の家

にんにんキャンプ桜の花が咲きはじめた大分市内を出発し、一路九重青少年の家を目指します。途中、湯布院を過ぎたあたりから雪が降りはじめ、みんなビックリ!青少年の家でのオリエンテーションが終わるやいなや、さっそくみんなで外に出て雪合戦!

二日目は忍者が突然登場し、アスレチックを使った雪の中での忍者修行を行いました。午後からは忍者のおやつ「巻き物クレープ」作り。みんなでおいしく「いただきま~す!」

そして早くも最終日。チーフリーダーから忍者修行の修了証をもらい「巻き物クラフト」を作りました。まさかの雪の中での忍者修行となりましたが、仲間と元気いっぱい遊び、力を合わせて活動することをとおして大きく成長できた三日間でした!(山内)

【2014春事業報告】でけでけキャンプ 海にんじゃ編

君は忍者になれたか!?

平成26年3月21日(金)~23日(日)2泊3日
県立天草青年の家

umininja「海のにんじゃ」修行はじまるよ~。ポカポカの春の陽気に風呂敷が暑いくらい!

みんな初めて会ったとは思えないくらいすぐにお友だちになっていきました。「ふしぎ岩」を目指し山へ登ったり、海浜では、砂の中のお宝探しなど、体もいっぱい動かしました。海にんじゃ秘伝の「しゅりけんピザ」も上手に焼けて、みんなあっという間に食べてしまいましたね!

修行したこと、一緒に遊んだお友達のことをいつでも思いだせるように書きとめた「にんじゃの巻物」はみんなにとって大切な宝物になりました。(伊志嶺)

キャンプリーダー研修会

P1290675

○日  時:平成26年3月8日(土)
○会  場:ホルトホール大分○参加人数:16名

3月8日(土)はホルトホール大分にて、キャンプリーダーの研修会を実施しました。今回、参加人数は16人、ほとんどのメンバーが今春はじめてキャンプに参加希望のリーダーたちです。開会後の自己紹介のなかでは、子どものときにキャンプに参加したことがありリーダーとしていつか参加してみたかったという学生もいました。簡単なゲームで交流後、今までのキャンプの様子や子どもへの指導方法、子どもとの関わり方など、スライドを使いながら説明しました。どのリーダーからも、子どもが好きという気持ちやキャンプリーダーへの意気込みが伝ってきて、今春のキャンプでの彼らの活躍が今から楽しみです。      

【2014冬事業報告】ユキユキこんこキャンプ

「気分はウキウキ 地面はユキユキ そして心はポッカポカ」

平成26年1月5日(日)~1月7日(火) 2泊3日
大分県立九重青少年の家

ユキユキこんこキャンプ

ユキユキこんこキャンプ

「ゆーきやこんこ♪あられやこんこ♪」歌のようにはいかず、お正月明けから良いお天気に恵まれて、雪はどこにも見あたりません。でもバスに乗って、少しずつ山のほうに上がっていくと、そこには雪が♪
まるでみんなに遊んでもらうまで、とけずに待っていてくれたよう。

そして、2日目のお昼は待ちに待った雪遊びです!山の中腹までがんばって歩いていきます!はじめての雪に「つめたーい」と大きな声をあげる子も。元気いっぱいあそんだ後は、ポカポカ温泉で温まります。

大すごろく大会、凧づくりなど、お正月の遊びも満喫して、冬休み最後の楽しい思い出ができました。         (宮﨑)

【2014冬事業報告】ミルキーキャンプ

「サンタさんもびっくり!元気いっぱいの子どもたち!」

平成25年12月21日(土)~12月23日(月) 2泊3日
大分県ゆふの丘プラザ

ミルキーキャンプ

ミルキーキャンプ

 思わぬ白銀の世界!すてきなクリスマスのプレゼントをいただきました。子どもたちは、普段は見られないほどの雪の量で、すぐにでも「雪だるま!」、「雪合戦!」という気持ちでいっぱいだったと思います。出会ったばかりのみんなですが、すぐに仲良くなって、たくさんのおしゃべりをしました。

 2日目には、待ちに待った雪遊びで、思いおもいの怪獣の雪像をつくったり、子ども同士、リーダーへ向けて雪玉が飛び交っていました。顔も耳も手もキンキンに冷たくなってもまだまだ遊び足りない様子でした。夜は、クリスマス会。リーダーも衣装にお着がえで、歌をうたったり、班ごとに練習した出し物でクイズを出したり、踊ったり、劇をしたりと、練習時間も十分ではない中、協力して頑張ったみんなに拍手です。

 最終日、お土産にクリスマスリースをつくり持って帰りました。お別れもなごりおしい中、「またね~」という元気な声がひびいていました 。                (伊志嶺)